週末気ままにESCAPE
 このブログは、私がふとしたことからスポーツバイクにはまり、その自転車との日々を記録に残すために始めた日記です。ブログも自転車も初心者ですので軽い気持ちで読んで頂ければと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと遠くへ・・の準備
 自転車に乗り始めて延べ7か月で走行距離は2900km余り、週一ライダーですが、こつこつ距離は増えているようです。今までのコースは自宅を出発して再び自宅まで自走。なので100km走ってもいけるところは遠くて50km、ということになります。自転車を買った当初は片道50kmでも走ったら十分旅をしている!?、という気分でしたが、慣れというのは恐ろしいもんで、もっともっと遠くにいってみたい、という欲がでてきます。そんな夢をかなえてくれるグッズを購入しました。

DSC01335.jpg
サイクルリュック ドイター  レースEXPエアー
輪行袋       Ostrich ロード320

 それぞれ結果的には定番と思われるものを購入しました。レースEXPエアーは 「ドイターアドバンスト エアコンフォートシステム」という大げさな名前の機能がついています。
DSC01336.jpg
 要はリュックの背中にあたる部分を弓なりにして背中との間に隙間をあけましょう、というものです。ドイツのホーエンシュタイン研究所の調査によると(というものものしい説明がHPにありますが)、発汗を最大で約25%抑制する効果があるそうです(もうちょっとあってもいいような気がするんですが、25%、そんなもんか)。
 しかし、この弓なりをつくるためにリュックには鉄板みたいなものが入っているので、ちょっとズシッときます。しょってしまえば殆ど気にはなりません。まだ実際には使っていないので、使用感レポートはその時に。

 輪行袋はいろいろ迷いましたが、縦置きでコンパクトになるところに魅力を感じOstrichにしました。生地の厚さは
ロード220(320g)、320(500g)、520(820g)と3段階あるのですが、ある程度生地が丈夫そうな方が良いと思い、320にしました。通販で買って実際に生地を触ってみましたが、電車や車で持つには十分丈夫そうです(引きずってはいけなそう)。

 ということで、輪行袋詰めの練習。使い方の紙切れ(1枚)が入っていましたが、これがまたわかりにくい。しかし、OstrichはHPに使い方動画がありこちらを参考にします(こちらはわかりやすかった)。

DSC01337.jpg
輪行袋、ばらすとこんな感じ。エンド金具、それにフレーム保護パッドもついています。

DSC01339.jpg
 エンド金具は組み立て式(最初っからこの形をしているものかと思っていましたが、よくできていました)。

DSC01340.jpg
 袋を広げると、サドルを置く場所と後輪変則ギアを置く場所がちゃんと書いてあります。しかも日本語で。いやいや、Ostrichは当然海外の会社かと思っていましたが、足立区に本社があるアズマ産業株式会社という会社の製品だということを知りました(日本の会社ということでちょっと安心感)。

DSC01341.jpg
 後輪のエンド金具を取り付け、絵の通りに自転車を置きます。

DSC01342.jpg
 それから、鞄再度にはホイールポケットがあるので、両側それぞれいれてバンドで固定します。

DSC01345.jpg
 そして肩掛けベルトですが、これ、自転車に取り付けるんですね(機能性を考えれば納得)。最初サドルがはみ出してチャックがしまらない(汗)、とあせりましたがちゃんといれて、ぎりぎりですがしまることができました(ホッ)。
 しょってみましたけど、結構肩にきます(肩パットが欲しい)。

 さーて、これでどこまで遠くにいっても輪行で帰ってくることを考えれば、日帰りでいける範囲が相当広がりますww。と、まだ行ってもいないのに、輪行バッグをみながら気持がワクワク。

 以下は今週末の番外編、

 今週末は日曜日に早朝ポタに行くつもりでした。天気は曇りのち雨、という予報でしたので、近場の尾根幹でも行こうかと思っていましたが、予報は前日の時点で晴れのち雨、しかも14時頃まで天気がよさそうです。
 ということで山方面に行こうと考えなおしたのですが、天気の良い日に自転車もいいけどたまにはご奉仕の精神も大事かな、と思い直し予定を変更しました。しかし、交通手段と人数の変更になりましたが、行き先は変更なし。

 今日の目的地は
DSC01367.jpg
 県立あいかわ公園です。宮ケ瀬ダムのすぐ脇の山あいにつくられた大型公園で、遊具も充実しているため、子供達には持って来いの公園です。景色もよいので今日みたいな天気の良い日は大人も楽しめます。ダムもこんな風にしたからじっくりみることができます。この宮ケ瀬ダムは堤高156.0mだそうで、したからみるとその大きさは圧巻です。関東地方では2番目に大きな高さとのこと。決壊したらひとたまりもありません・・。

 そして、このダムは下と上を結ぶ、インクラインと呼ばれるケーブルカーがあり、上まで登ってみることに。
DSC01377.jpg
 外観はこんな感じ。

DSC01369.jpg
 建設当時はダンプカーなどを運んでいたそうです。下からみる急こう配。最急路線角度は35°だそうで・・、こんなところ自転車で、当然ありえません(笑)。
 DSC01375.jpg
 結構登ってくると、ダムの下が良く見えますが、ここでケーブルが切れたら、などと余計なことを考えながらスリルを味わいます。2分ほどであっという間に頂上に到着。書き忘れましたがケーブルカーに自転車を積むことはできません(なんて誰も聞いてない^^;)。

DSC01380.jpg
 ダムの上は大きな遊歩道になっており、反対側は湖が広がっています。このダムの上の遊歩道は自転車でも以前きたことがあるお気に入りのスポットです。

DSC01381.jpg
 ダムの下が良く見えます。飛び降りたらどうなる!?などここでも余計なことを考えながらスリル満点気分。鉄橋の奥が公園につながっています。

DSC01389.jpg
 公園内部には大きな芝生の丘(風の丘)があり、ダムや遠く横浜方面(だと思う)がよく見えます。子供はおおはしゃぎ。
 この広場で、買ってきたパンを食べながらまったりと昼食。しばし、時間を忘れてぼーっとします。

DSC01353.jpg
 子供達が気にいっていたトランポリンみたいな遊具。最近大きな公園でみかけるようになってきました。

 公園で一通り遊んで後、すぐとなりの服部牧場へ移動(写真無し)、ここも自転車で来たところがある場所。今日は子供達と隅々まで歩いてみましたが、牛舎の中にも入れたりしてなかなか楽しかったです。
 そしたらポツンポツンと雨が、予報どおり。そしてあっという間に土砂降りに。ということで帰路につくことにしますが、ここでもう1つ立ち寄ります。

CA3G0117.jpg
 以前、相模湖ポタリング中に偶然入ったパン屋で買ったオギノパン、の工場直営店です。『KANOKA』のESCAPE多摩サイ日記のkanokaさんで以前紹介されており、行きたいな、と思っておりました。

CA3G0119.jpg
 パン工場は窓越しに中が良く見えるようになっていて、子供達は釘付けでした。次から次への大量のパンがベルトコンベアー式の巨大オーブンで焼かれていました。

CA3G0120.jpg
 そして名物揚げパン、目の前で揚げてその場で売っているのでアツアツです。できたてはおいしい。それから丹沢アンパンもお土産としてゲット、今日は車なので他にもパンをいろいろ買って帰りました。ここは自転車置き場もちゃんとあり、外で食べるところもあるので、次回ポタでまた寄りたいところです。

 以上、本日は自転車ポタではありませんでしたが、私のお気に入りのコースの1つである宮ケ瀬を満喫してきました。そして、これでパパポイントもかなりゲットできたはずなので、次回は自転車で丸一日、遊ばせて頂きます!

走行距離:00.00km


プロフィール

ざむさん

Author:ざむさん
なんてことないきっかけからすっかり自転車にはまってしまった40台前半の中年男子です。境川CRを中心に神奈川各所に出没中です(週末限定)。
 自転車は2010年10月からESCAPE R3.1にのり始め、2013年7月にはTREK Domane4.5に昇格
リンクフリーですのでよろしくお願いします。



最新記事



Flashカレンダー



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。