週末気ままにESCAPE
 このブログは、私がふとしたことからスポーツバイクにはまり、その自転車との日々を記録に残すために始めた日記です。ブログも自転車も初心者ですので軽い気持ちで読んで頂ければと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田峠から檜原、紅葉ライド
 18日の日曜日はご近所の自転車仲間のpepeさんと和田峠に行ってきました。昨年もこの時期にpepeさんとは奥多摩紅葉ライドにいってきましたが、今年もご一緒に紅葉ライドができればなあ、ということでいろいろコースを考えておりましたが、pepeさんがあの「和田峠」にまだいったことがない、ということで即決まりです(^_^)

 コースはこんな感じにしてみました。



和田峠はしっかりと食べ応えはありますが、ボリューム的にはあまりないので、そのあとにもう1つ峠を追加、甲武トンネルを越えて檜原街道からぐるっと戻ってくるコースにしてみました。これをみると最初に超える和田峠の鋭利なとんがりが一目瞭然です。1年以上ぶり、登りきれるかちょっと不安・・


 朝は7時半に尾根幹沿いのファミマに集合です(寒くなってくると朝もつらい)。この時期の服装は難しいですが、今日の気温は15℃ぐらいまであがるということだったので秋仕様にウインブレを羽織るスタイルにしました。「下手に冬用のウェアを着ると汗びっしょりでその汗が冷えて逆に寒くなる」を以前経験しておりましたので。

DSC05703.jpg

 和田峠までの道はとにかく、陣馬街道をまっすぐ突き進むだけ、甲州街道(国道20号)の丁度北側を東西に延びるこの街道は、昔はその裏街道として使われていたそうです。

 陣馬街道のスタート地点は八王子です。ここからしばらくは平坦な普通の県道を進んで行きます。日曜日の早朝なので車は少な目。川原宿の交差点を過ぎるとこの和田峠しか抜け道がなくなるので車の数も一気に減ります。

DSC05702.jpg

 のどかな風景を楽しみながら最初の立ち寄りポイントはの「ゆうやけこやけ ふれあいの里」。この陣馬街道付近の風景は、童謡「夕焼け小焼け」のモデルになっているのです。しかしこの写真のリヤカーは何を意味しているのか不明・・

DSC05704.jpg

 駐車場はいい色の紅葉が色づいておりました。この風景をみると絵を描いてみたくなりますね、一瞬だけですけど(笑)。

DSC05711.jpg

 駐車場までのゆうやけこやけばしでパチリ

DSC05705.jpg

 さて、その後ほどなく峠道の入口となるポイントに到着、ここには高尾駅からバスがでており、この日も快晴とあって、多くのハイカーたちがバスでやってきておりました。みなさんも徒歩で和田峠まで上るようです。

DSC05716.jpg

 さて、頂上まで3.7km、傾斜は12%-13%の出発です。何を隠そう、リアスプロケ12-23Tで来てしまいました。ダンシングは必至です。

DSC05717.jpg

 pepeさんとは、早々と「では頂上でお会いしましょう」と若者には先頭は譲ります。もう歳ですから。丁度バスを降りたてのハイカーの集団をぬうように進んでいきます。

DSC05720.jpg

 いやーきついのなんの、こんな感じで坂が続きます。でも距離はそれほどないことは前回の経験で知っているので、「もうすぐ終わるぞー」と自分に言い聞かせながらエイホッ、エイホッ、とゆっくり上っていき、無事にゴール。pepeさんお待たせです。

DSC05727.jpg

DSC05729.jpg

 といいながらも、途中、唯一と思われる開けた場所で写真をとっていました。前回は無着地登頂にこだわって写真を逃した場所でしたので今回はしっかりゲット。

DSC05725.jpg

 そして、お決まりの場所で記念撮影です。この峠、残念ながら風景は楽しめません。ここからさらに登山道を上っていく必要があります。ちょうど山を下りてきたハイカーの方からの話では、陣馬山の頂上までは30分程度かかる、とのこと。歩きやすいSPDシューズと言えどもさすがにそんなには上れないですね。でも、ここで靴を履きかえて登山してみるっていうのもいいかな、と思いました。次のチャレンジか。

DSC05730.jpg

 峠を越えて今度は下り坂、見晴らしポイントからは富士山が目の前に!前回のライドでは何も見えなかったので感動。

DSC05731.jpg

 和田峠から東京都八王子市から神奈川県相模原市に入り、坂を下ると今度や山梨県上野原市に入ります。ここから甲武トンネルで再び東京都に向かうのですが、これがまたいくつか小さな峠を越える感じでスタミナが研ぎ落される感じ。pepeさん待って~。

DSC05738.jpg

 でもところどころで富士山がこうやって顔をだすてとっても気持ちの良いコースでした。

DSC05740.jpg

 最終的には県道33号線に合流し、あとは甲武トンネルまでひたすら上り、いやー、峠道の途中ですっかり足が売り切れ状態、初めての峠道だといつになったら頂上につくのか、という不安も精神的にじわじわ来ます。途中何度か休憩しながら、やっとこさトンネル入り口に到着です。正直和田峠より全然きつかった・・

 non stopでここまで来ていたpepeさん、ながらくお待たせいたしました。。やっぱ「スプロケ23Tじゃだめでしょ」pepeさんからも同じツッコミが・・。いやはや、学習しないと・・。

DSC05744.jpg

 でも何はともあれ無事に到着。あとは、この1km近いトンネルを越えるとそこは東京都檜原村。ひたすらダウンヒルコースが待っています。時間は12時過ぎ。まずは腹ごしらえです。

 お昼は檜原村にあるたちばな屋さんで。

DSC05749.jpg

 手打ちラーメンの人気店のようです。我々はちょうど空いていたカウンターに入れましたが、客は次から次へと絶え間なく行列が。ローディーさんもたくさんおりました。

DSC05746.jpg

 私はノーマルなすっぴんラーメンを注文。見た目も味も昔ながらのラーメン、普通の味を極めた感じで麺もこしがあっておいしく頂きました。

DSC05748.jpg

 さて、あとは檜原街道を武蔵五日市までダウンヒル。
 途中、紅葉ポイントもあったので自転車を止めてpepeさんと散策。

DSC05756.jpg

 このグラデーションがいいですね。

DSC05758.jpg

 武蔵五日市からは秋川街道で八王子まで、そのあとは行きと同じ道で尾根幹までもどってpepeさんとはここでお別れ。
 この日東京では木枯らし1号が吹いたらしいですが、道中そんな強風に悩まされることもなく、晴天の中楽しい紅葉ライドになりました。pepeさん、来年からはテリトリーが変わってしまうというお話ですが、その前にまたどこか行きましょう。

走行距離:129.00km
走行時間:6:37'27
平均速度:19.59m/h
平均ケイデンス:70
平均心拍数:154
消費カロリー:4169kcal
総走行距離:8,001km 
 

スポンサーサイト


プロフィール

ざむさん

Author:ざむさん
なんてことないきっかけからすっかり自転車にはまってしまった40台前半の中年男子です。境川CRを中心に神奈川各所に出没中です(週末限定)。
 自転車は2010年10月からESCAPE R3.1にのり始め、2013年7月にはTREK Domane4.5に昇格
リンクフリーですのでよろしくお願いします。



最新記事



Flashカレンダー



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。