週末気ままにESCAPE
 このブログは、私がふとしたことからスポーツバイクにはまり、その自転車との日々を記録に残すために始めた日記です。ブログも自転車も初心者ですので軽い気持ちで読んで頂ければと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田峠~宮ケ瀬湖
 今日はGWの真っただ中の平日、普通のサラリーマンであれば出勤です。が、我が社の場合は一斉休暇、一方子供達は普通に学校。学校も少しは気をきかせて休みにすれば良いのに、と思いますが、どうなんでしょうか?
 ともあれ、今日は1日フリーでしたので、思いっきりペダルを回したく、さらに天気も良さそう、とうことでまだ行ったところがない場所を地図で眺めながら(この時間も結構楽しい)、山方面にいくことにします。
 そして決定された今日の目的地は和田峠です。甲州街道相模湖の北に位置する陣馬街道にある峠、ヤビツほど有名ではないですが、自転車で訪れる人も多そうなコース。であれば腕試しってわけでもないですが、最近坂に引き寄せられる傾向にあり、ここに決定、下ったあとは疲労度と時間によってどこに行くかはきのみきのままとします。

 まずは今日走ったコースです。
和田峠

 いつもは目的地にいって引き返すパターンですが、今日はぐるっと反時計回りに津久井湖を囲むような感じのコースになりました。会社の後輩のローディー君に言わせると、陣取りゲームではないですが、走行コースでぐるっと囲んだ獲得面積をいかに増やして、あとから地図でそれを眺めて満足感に浸るんだとか。今日のコースを振り返ってなんとなく、その気持ちわかる気がしました。
 しかし、こうやってみると、和田峠が突出してとんがっているのがよくわかる。よくもこんなところを登ったもんだ。

 朝は7時15分に家を出発します。その後町田街道にでて高尾を目指します。平日なので車やトラックが多くたびたび渋滞に巻き込まれます(町田街道は路肩が狭い!)

DSC01191.jpg
 高尾を過ぎそのまま高尾街道をちょっと北上、陣馬街道入口の交差点につきます。写真のローディーさんも同じコースか!?と思ったらそのまま北上していきました。

DSC01193.jpg
 さて、ここからどんな坂が始まるのか、と不安と期待に包まれながらまずは補給食です。これ、実は最近海外通販で買い物したのですが、その時に同梱されていた補給食です。食べてみましたが、GEL状の甘ーい、なんというかいちごにかける練乳のような感じ。あまりおいしいものではないですが、間違いなく糖分は補給されたことでしょう。

DSC01194.jpg
 ここから陣馬街道のはじまり。

DSC01195.jpg
 しばらく走りますが、坂ってほどの坂は全然現れません。とても気持ちいい山道が続きます。いたるところから鶯の鳴き声、すっかりポタ気分でのんびりモードに。

DSC01198.jpg
 マス釣り場がありました。

DSC01201.jpg
 しばらく、緩やかな上り坂がつづき、突然「夕やけ小やけふれあいの里」なる場所を発見。八王子の出身で、「夕焼小焼」の作詞家中村雨紅に関する資料や写真家前田真三の作品を展示したギャラリーがある、とのこと。この辺りの景観をみながら作詞したのだろうか。それは定かではないが、このあたり山あいの、古くからある田舎の雰囲気がとてもよく出ていて、童謡「ゆうやけこやけ」もとてもあいそうな雰囲気だ。
 
DSC01200.jpg
 ふれあいの里の様子。入場料を払うとさらに中に入れるらしいが、これから峠を控えている身分なのでここはスルー。

DSC01205.jpg
 本当にこの先坂なんかでてくるのか?と思いつつ、すっかいのんびりポタモードになってしばらく走ると、峠のふもとと思われる場所に到着、ちょっとした茶屋があり、和田峠への道はどうもここから始まるようである。そしてここからは一転、地獄の坂の始まりである。ここから峠まで3.7km。

DSC01206.jpg
 道はとたんに狭くなり林道のような雰囲気、これは最初の方だが、この後は勾配10度以上の坂がずーっと続く、しかも緩やかになる箇所など殆どない、ずっと激坂が続く。ギアはF28-R21、当然ダンシング(というか立ちこぎ)。ごくたまにー、ちょっと緩やかになったところでシッティングして足を休ませる。この坂はヤビツなんかとは全然違い、坂を漕ぐというより坂を一踏み一踏み登る感じ。途中多くのハイカーを見かけたが、歩いている人と普通に会話ができるぐらいのスピードで、「こんにちはぁ」「大変ですね」など、声をかけ合いながら登っていきます。しかし、そんな余裕も後半になるとなくなり、無心でハイカーの人たちをゆっくりとおいぬいていきます。峠までの道は殆ど杉におおわれて日陰になっていたので、涼しくてよかったですが景観はまったくなし。

DSC01207.jpg
 途中一瞬だけ、視界が広がるところがあり、坂も緩やかになったので、すかさず1枚撮ってみた。今日は黄砂のせいか、霞んで遠くまでは見えなかった。かれこれ30分ぐらい登っただろうか。あとどの程度かもわからず、余力を少し残しつつもゆっくりゆっくり登っていくと茶屋が遠くに見えてきた! 無事に脚付き無しで到着。

DSC01209.jpg
 まずは記念の1枚。この達成感がいいですね。

DSC01214.jpg
 峠の茶屋の広場はこんな感じ。車でここまできて、登山に向かう人も何人か見かけた。一方自転車は私一人。ここは峠なんですが、木々に覆われて景色はまったく見えず。さらに1km登山道を登ると頂上に着くようだ。がSPDで登山をする気にはなれないので、ここは峠を後にし、そのまま西に続く坂道を降りていく。

DSC01215.jpg
 柵もあまりないような下り坂が続く。落石も注意。下りは慎重にいかないと命取り。

DSC01216.jpg
 ここからは富士山がみえるらしいが空はすっかり霞んでしまっている、残念。

DSC01217.jpg
 結構降りてきたところで、山になびく大漁のこいのぼりを発見。この季節ならではの景観です。

 このあと道は二股にわかれますが、藤野方面に向かいます。
DSC01225.jpg
 藤野駅到着。山合いの小さな駅でしたが、八王子からはたったの4駅、高尾からは2駅。今の峠の道のりはたったの2駅だったのかぁと思うとちょっとがっくり。
 さてお腹もすいてきたのでここらで昼食タイムです。せっかく遠くに来たので、御当地グルメ、と行きたいところですが、あまりよく調べてこないまま国道20号を東に向かいながらお店を物色します、というか店がまったくない。。
 そのまま相模湖駅前に到着、駅前なら、、と立ち寄ってみますが、お土産やさんはあるが他にはないなーとみているとパン屋を発見。

DSC01226.jpg
「神奈川フードバトル金賞」(そんなのあるのか?)というフレーズにピンときて、ここで昼食を買います。

DSC01227.jpg
 そのあと、相模湖畔の公園で昼食。購入したのは、あげぱん、チーズバーガー、それからカレーパンです(ちょっと油こいものばかり、と思いましたが、カレーパンも好物なので迷わずゲット)。お味の方は、、空腹でしたので無条件においしかったです。特に揚げパンは金賞をとっているだけあって、あげたてだったと思うのですが、パンなのにサクサクしていてペロッといってしまいました。このコースを次回通るときはまた買ってしまいそうです。

DSC01228.jpg
 相模湖公園で一息つきながら次のコースを考えます。当初の予定では和田峠で完全に体力を使い果たし、あとは帰路につくのみ、と思っていましたが、ここまで来たしもうひと坂いってもいいかな、という無謀な発想が頭をよぎります。それにこのまま国道で帰るのもつまらないなぁ。など考えていましたが、頭の中にあるものが急に浮かび、それを食すため、宮ケ瀬に向かうことにしますww。

 宮ケ瀬湖までは国道412号を南下し、途中右(西)に折れて、県道513号に入ります。ゆっくりと坂を登り、足はまだなんとか持ちそうです。ここでもダンシングを多用します。

DSC01231.jpg
 湖畔沿いの公園(名前失念)に到着。平日ですが、バイクや車で来た観光客で賑わっていました。写真は虹の大橋。

DSC01235.jpg
 そして宮ケ瀬ダム。ここの高低差はいつみても圧巻です。落ちたら間違いなく、命はないでしょう。そして、宮ケ瀬湖は実は通過点で、先ほどひらめいた場所に到着。

DSC01240.jpg
服部牧場です。神奈川県で唯一のふれあい牧場、というのが売り文句です。

DSC01237.jpg
牛、馬、羊などがいる牧場、近くによることもできます。そして牧場といえば、

DSC01238.jpg
 やっぱり、これです。ソフトクリーム目当てに宮ケ瀬までやってきました。はっきりいいます、食い意地が私の原動力です。
ソフトクリームは濃厚でとてもおいしかった。

DSC01239.jpg
 そのあとは、ベンチに座りながら牧場の風景をボーっとみながらしばし休息して帰路につきました。
 今日は空はちょっと霞んでいましたが、天気もよく最高のサイクリング日和でした。ずっとこんな季節が続いて欲しい、と思う今日この頃です。

走行距離:115.14km
走行時間:5:49'13
平均速度:19.7km/h
総走行距離:2,666.8km




スポンサーサイト

コメント

おはようございます!
噂に聞く和田峠、、すごそうですね~。10%以上の道が3.7キロも続くんですか!!ぼくならハイカーと同じスピードしか行かないでしょうね。もう立ちごけ寸前だ!

しかしざむさんも坂すきですねぇ~笑

[2011/05/03 06:05] URL | taco #RVcFyNpA [ 編集 ]


tacoさん、コメントありがとうございます。
和田峠はヤビツとはまた違う楽しみ方ができますよ(楽しくない!?)
1度はおすすめします、2度は進めませんが(笑)
[2011/05/04 20:56] URL | ざむさん #- [ 編集 ]


こんばんは。
いきなり和田峠Escapeで登っちゃったんですね!凄い。
ヘタレな私は未だ足付き無しで登れた事有りませんよ!(爆)
[2011/05/04 23:01] URL | kanoka #- [ 編集 ]

あり得ない坂ですね。。。
10%超が3.7kmって。。。。。あり得ない坂です。
KIKUさんみたいな変態ライダーなら喜んで登るんでしょうけど、ノーマルクランクの僕には
絶対に無理な激坂ですね。

でも、興味あるなぁ。。。。 足付き、手押しありで、行ってみようかな(笑)
[2011/05/05 12:07] URL | Muirwoods #- [ 編集 ]


kanokaさん、コメントありがとうございます。
和田峠、あまり予備知識なしでいったので想定外の坂でしたが、
引き下がるわけにもいかず、勢いで登ってしまいました。
もう1回脚付き無しで登って、と言われても、できる自信全くなしです(笑)。
[2011/05/06 21:47] URL | ざむさん #- [ 編集 ]

はい、あり得ない坂です。
Muirwoodsさん、
 本当にありえない坂です。記念に一度お進めします。Muirwoodsさんも
私から見ると十分変態ライダーの一味と思いますが。。(爆)
[2011/05/06 21:50] URL | ざむさん #- [ 編集 ]

陣馬街道
はじめまして。
陣馬街道って激坂が始まるまでは本当に気持ちよさそうな山道ですね。
全部は走れそうもないですが。(苦笑)
宮ヶ瀬まではたまに行きますが、朝日が輝く朝は気持ちいいですね。
そうそう、城山湖はESCAPE R3の時は登り切れませんでした。いまでも無理かなあ。
宜しくです。
[2011/05/08 13:14] URL | 湘南浜童 #AO3aw3u6 [ 編集 ]

はじめまして
湘南河童さん、はじめまして、たびたびブログを拝見させて頂いておりました(ROMですが。。)
陣馬街道は本当に気持のいい田舎の山道が続くのでお勧めです、最後4km以外は(笑)。
3日は参加できませんでしたが、ebizouさんつながりでまた機会がありましたら一緒にポタさせて頂ければと思っております(最近めっきり境川方面の海より、山づいておりますが、、)。
[2011/05/08 22:06] URL | ざむさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zamusan.blog77.fc2.com/tb.php/42-0e2f0662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ざむさん

Author:ざむさん
なんてことないきっかけからすっかり自転車にはまってしまった40台前半の中年男子です。境川CRを中心に神奈川各所に出没中です(週末限定)。
 自転車は2010年10月からESCAPE R3.1にのり始め、2013年7月にはTREK Domane4.5に昇格
リンクフリーですのでよろしくお願いします。



最新記事



Flashカレンダー



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。