週末気ままにESCAPE
 このブログは、私がふとしたことからスポーツバイクにはまり、その自転車との日々を記録に残すために始めた日記です。ブログも自転車も初心者ですので軽い気持ちで読んで頂ければと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根の山は天下の険
 先週末は

土曜日:どんより曇りで雨もパラパラ
日曜日:久々の夏晴れ

 と土日で対照的な天気でした。もともとは土曜日の朝に自転車ライドを予定していましたが、この天気ではどこでいけないな、とうことで家族と交渉して(って大げさなものではないですが)日曜日の午前に時間を頂きました。

 さて、どこに行こうか?

 先週末も雨で乗れずじまいだったので思いっきり遠くに行きたい欲求が・・ということならば行けるところまで行って帰りは輪行!、という単純な思考回路が働き(笑)、最寄りが小田急線ということもあり、小田急線の終点である小田原から輪行して帰ることにまずは決定。あとは、行くだけいって小田原駅に戻ってこれそうなところ・・・として選んだのは箱根の山です。
「神奈川の自転車乗りなら一度は行っておかなきゃならないところランキング」
 なんていうのがあればBest3には入るところ、といっても過言ではないでしょう(ちなみに1位はやっぱりヤビツでしょうか)。
 
 ということで今日のミッションは芦ノ湖で海賊船(遊覧船)とEscapeのツーショットです。「昼頃には帰ってくるよ」と昨晩嫁に言い残し、朝は日の出とともに出発します(日の出5時9分、出発は5時14分)。5時前はまだ薄暗かったのに、その後は一気に明るくなってきました。しかも久しぶりの青い空。気分が盛り上がります。

 さて、今日のルートは境川で南下し、国道134、国道1号を乗りついでまずは小田原を目指します。境川は先週末の豪雨で一時期避難勧告もだされてちょっと心配でしたが、サイクリングロードも特に濡れているところもなく、川の水量も普段通りになっていました。ただ遊水地公園にあるグランドは冠水してしまったようで、びっちょり濡れてしまっているようでした。

DSC02514.jpg
 今日最初の写真、サザンビーチです。途中白旗休憩所での5分程度の休憩を除きここまでノンストップでやってきました。ここまで90分程度、いい感じのペースです。しかしモニュメントにはごみの山が・・。海はキレイに使って欲しいものですね。

DSC02515.jpg
 遠くには江の島、そして砂浜ではシートをひいてヨガをしている女性グループ。朝の海の砂浜でヨガなんていいですね、しかも全員女性、仲間にいれてもらいたいなあ、なんて余計なことを考えだしたので先を急ぎます。

 ここから先は湘南平に向かう花水川までがいままで走った最西端です。小田原までは大磯があって二宮があってあとちょっと走れば、と思っていましたが、ここからも以外に長かったです。約1時間で小田原に到着です。

 小田原城は天守閣を含めその殆どが復元されたものの様ですが、お城の雰囲気は風情があります。

DSC02518.jpg
 まなびばし前で(他の方のブログにもよくでてきます)

DSC02521.jpg
 お堀の回りも雰囲気の良い遊歩道になっています。

 家からここまでの道のりはほぼ平坦な道路で早朝ということで車通りも少なく非常に気持ちが良かったです。さて、芦ノ湖までの道のり、ここからがある意味本番です。

DSC02523.jpg
 とその前にまずはコンビニで食糧補給。最近お気に入りの900ml入りポカリ。私はボトル2筒使いの軟弱ものなので、飲料がなくなってきたときの補給にはコスパの良い商品です(挿そうと思えばボトルホルダーにも挿すことは可能、ちょっと目立ちますが)。

 さて、話を戻していよいよ本番です。芦ノ湖(元箱根)までの道のりはいくつかあります。いや、車ではいくつかありますが、自転車では2つのみの様。
 その1:国道1号で上る。箱根駅伝でおなじみのコース
 その2:旧東海道(県道732)で上る。
 
 ここは悩むことなく、「旧道は車が少なくて走りやすい」という一般的なセオリーに従い、旧道を選択です。確かに車通りは少なかったです。しかし、こんなにきつかったんですか?聞いてません・・(それは後ほど)。

 旧道は箱根湯本すぐ手間で国道一号から三枚橋をわたって入ります。交差点の信号に「三枚橋」とあるのでまようことはありませんでした。

DSC02525.jpg
 三枚橋より箱根湯本方面。箱根湯本の駅舎が見えます。小田急線のロマンスカーはここまでやってきます。しかし、どんな坂かと思ったらいきなり急坂です。注釈:ここからは走るのが精一杯で時間がかかった割には写真少なめです。最初は温泉街を抜けていきますが、これが結構な坂、序盤からいきなりダンシング前回です。途中箱根新道に入る須雲川ICのある信号以降は少しだけ坂が緩やかになって油断していると、

DSC02537.jpg
 こんなキョーレツな坂に出くわしてしまいました。

DSC02538.jpg
特に左カーブはイン側を走ることになるのでダンシングで体重全てをペダルに押しつけるようにしてやっとこさペダルを回して上っていきます。一体最大斜度はどの程度あるんでしょう。

DSC02526.jpg
 そしてようやく中間地点と思われる畑宿に到着。ここでは坂も少しだけ緩くなり、しばし平和なペダリングに戻ります。

と思ったら町なみもあっという間に終わってしまい、目の前には魔の看板が。


DSC02528.jpg
 いよいよ本日のメインディッシュ、いや食べられてしまうのはどちらなんだ、と思いつつ七曲り坂に突入です。しかし、すでに私の足は売り切れ状態、3つ目のコーナーを曲がったあたりで急に左足がひきつってきました、一度こうなってしまうともうどうなるかはわかります、危うく足が制御不能になる前に無念の脚付きです(といっても写真撮影で一度停車はしましたが)。ここで停車して足をたたいたりストレッチしたりしてマッサージ。5分くらい休憩して再びペダルを回し続けます。ですが、カーブを3つぐらい上ったところでまた足がつり始めます。やむなく、着地してしばし休憩、そんな間にもこの七曲がりで数人のローディーに抜かされました。みなさん、あいさつはしますがもくもくと淡々と上ってあっというまに視界から消えていきます。しかし、この坂が終わればあとは少しは楽になるんじゃないか、と(全く予備知識がないまま)七曲がりも七つカーブで終わらず、途中まで数えていたけど途中でもうろうとしていったいいくつか忘れました、そしてやっと坂が終わって希望が見えてきたと思ったら遠くに黄色い看板、いやな予感、斜度12°の看板。もうここでは「もう勘弁!」と一人叫び。しかし、この旧道は本当に予備知識がないと期待を裏切りまくる設計になっているようで、、しばらくいくと峠の茶屋(甘酒茶屋)が見えてきて坂もゆるかに。これでさすがにもう着いただろう、と思ったらそのあとさらに激坂が。この辺りまでくるともう開き直って、足がつりそうになったら休憩して少しづつ上っていき、

DSC02536.jpg
 お玉ヶ池が見えました(写真は帰りに撮ったもの)。ここでも坂は一旦なくなりますが、最後におまけでまた坂が、そして旧道の最高地点にやっと到達、そこでみたものは・・、「どさんこラーメン」でした。なんだかねえ。

 しかし、ともかく自力で箱根の峠越えに成功。畑宿の交差点で1号に合流し、芦ノ湖到着です。

DSC02531.jpg
 湖畔沿いに座って初登頂の達成感を味わいながらしばしの休憩です。アヒルと遊覧船と箱根神社の鳥居。車では来たことがあるのですが、自宅から自走でここまでくると喜びもひとしおです。

DSC02534.jpg
 そして、今日のミッションである海賊船とのツーショット。任務完了です。良く考えたら必ずしも海賊船に出会えるとは限らなかったが運が良かったです。

 ここらで、時間がおしてきたので来た道を戻ります。帰りは20分程度で三枚橋まで降りてきてしまいました。あっと言う間。帰り道も何人もこの坂を上ってきている変わり者!?にも出くわしましたが、ふもと付近で4人位で連なって上ってくるブルーのジャージ姿がありました。近づいてくると先頭は丸い眼鏡のGIOSブルー、ロード関連の書籍ではよく登場するエンゾ早川が本にでてくるジャージ&自転車そのままで通り過ぎていきました。

 小田原まではも基本下りであっという間の到着、あとは輪行で最寄駅まで1時間程で到着、
DSC02539.jpg
 休日の昼どきの上りで電車はすいていたので自転車もとくに問題なく持ち込むことができました。

 そして午後は家族サービスで子供達と約束していた夏休み最後のプールに連れていき、夜はあっという間に子供と一緒に沈没でした。

 今回は初の箱根でしたが、富士山も曇りでみれず、自分としてはふがいない上りになってしまったのでリベンジはまたいつかしたいと考えています。でも今度は新道(1号)を上ろうかな。

 最後に、先日記事でかいたアンダーアーマーを試着しましたが、速乾とそれに伴う体表面を冷やす効果は実感できました。これはなかなか良い買い物をしました。本来ならこれだけきれば効果抜群なのでしょうけど、色は白くて透けており、ダボダボのお腹もくっきり、サイクルジャージはお腹のラインを隠すためにも必須です(笑)。

走行距離:101.20km
走行時間:4:41'44
平均速度:20.98m/h
総走行距離:3,806.8km

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。はじめまして。
楽しく拝見させていただいております。

箱根ですか・・・。きつそう、いや、楽しそうですね。
以前、小田原から三浦半島を回って横浜まで走ったことがありますが、
それだけでも結構きつかったのに・・・。

また寄らせてもらいます。
[2011/08/30 21:31] URL | なかじい #- [ 編集 ]

はじめまして
@なかじいさん

 こちらこそはじめまして。この旧道は是非1度は試してみることをお勧めします。2度お勧めするかは悩ましいところですが。。
坂は距離とは違った苦しさ&ごほうび、があるのかな、と思っています。

[2011/08/30 23:04] URL | ざむさん #- [ 編集 ]


旧道行かれたんですね!
七曲はたしかカーブが12個だったような気がいたします。
私ものんびりと休憩しながらなら上れましたが一気になんて絶対無理~(^◇^;)
新道(一国)は私もちょっとだけ興味があります。
でも道幅も狭く交通量も多いので早めの時間に上ったほうがよいかもしれませんね。
[2011/08/31 06:29] URL | ebizou #obWbQ39E [ 編集 ]


こんにちわ!
旧道おつかれさまでした。
ボクもはじめて芦ノ湖まで自転車で行ったときはとても感動しました。
いままで数回登ってますがいつもゆっくりゆっくり休みながら登ってますよ。
無理して登ってもつまらんですからね。風景楽しみながら美味しい物探しながらが一番だと思います。こんどは三島方面に抜けて輪行なんていかがでしょうか。
[2011/08/31 10:09] URL | taco #RVcFyNpA [ 編集 ]

初めまして
初めまして
以前三島から国道1号で上ったことはありますが、小田原からの箱根は辛そうでまだ走ったことがありません。
七曲の坂を一度は体験しなければと思ってます。苦労して上った後の芦ノ湖は最高でしょうね。
記事を参考に今年中に挑戦してみます。
[2011/08/31 18:04] URL | Mちゃり #- [ 編集 ]


@ebizouさん

 やっぱり新道は車通りが心配ですかね。わたしは車がこないのをいいことにジグザグ走行を駆使しておりました、ここだけの話・・(笑)、新道だと通用しないですね。
[2011/09/01 00:21] URL | ざむさん #- [ 編集 ]

次回は大観山まで
@tacoさん
 そうですね。今度は1日フルにつかって静岡の方にも是非いってみたいですね。大観山もtacoさんブログをみて是非いってみたいと思っております^^。箱根はいろいろ楽しそうですねぇ。もうちょっと近いといいんですが。。
[2011/09/01 00:25] URL | ざむさん #- [ 編集 ]

はじめまして
@Mちゃりさん、
 はじめまして。

 旧道はとにかく車が少ない、というのが唯一?の良い点ではありました。ただそれ以外ですと激坂オンパレード、といった感じで最後まで笑ってしまうぐらい急坂は続きます。でもそのあとにみる芦ノ湖は格別ですので是非チャレンジしてみてください!
[2011/09/01 00:35] URL | ざむさん #- [ 編集 ]

たまたま先週行きました。
こんにちは。結局ホイールはR500をチョイスしての芦ノ湖初登頂に行ってきました。
私は午後からでしたけど、行きは暑かったですね。確かに七曲がりから芦ノ湖が遠かったです。
自転車では初めてだったので近々リベンジして、足付き無しで芦ノ湖まで行きたいですね。
[2011/09/03 08:49] URL | fuji.san #- [ 編集 ]

Re: たまたま先週行きました。
@fuji.san こんにちは

入れ違いでfuji.sanもデビューだったのですね。お疲れ様です。
 私も年内にはリベンジで足付き無しでいきたいですね。先週はスプロケ(R11-23)で失敗しました(足攣り、死亡-_-)。次回はDefault R11-32 で挑みたいと思っております。
[2011/09/04 21:31] URL | ざむさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zamusan.blog77.fc2.com/tb.php/59-b4f9be70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ざむさん

Author:ざむさん
なんてことないきっかけからすっかり自転車にはまってしまった40台前半の中年男子です。境川CRを中心に神奈川各所に出没中です(週末限定)。
 自転車は2010年10月からESCAPE R3.1にのり始め、2013年7月にはTREK Domane4.5に昇格
リンクフリーですのでよろしくお願いします。



最新記事



Flashカレンダー



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。